三色団子のブログ

気になったこと、気にしてること、やったことの三色でお送りします

【復活のルルーシュ】ルルーシュ生存は妥当な展開【コードギアス3期】

コードギアス3期決定!(遅)

http://www.geass.jp/lelouch_10th/

 

一番好きなアニメであるコードギアスだが、3期決定を最初に聞いた時は正直微妙な気持ちだった。

 

ゼロレクイエムでルルーシュが死亡して綺麗に話が纏まった上、ルルーシュが生きてしまっていたらスザクだけが罰を受けてしまうことになると考えたからだ。

 

ただ、それから1、2期見返したり、大好きなクリティカルゼロを読み直してみると、ルルーシュが生きていても良いのではないか?と思った。

 

 (関係者のインタビュー含め、コードギアスについて深く掘り下げている一冊

 今回の記事の様な作品の考察が好きな人には是非読んで欲しい。)

クリティカル・ゼロ コードギアス 反逆のルルーシュ

クリティカル・ゼロ コードギアス 反逆のルルーシュ

 

 

 

今回はコードギアスのテーマを考えることで、納得できるルルーシュが生存している展開を考える。

 

 

そもそもコードギアスのテーマとは?

結論から言うとコードギアスの大きなテーマは自由だと思う。

 

ルルーシュは、ナナリーが自由に笑える世界を求め、

 

スザクは、過去の出来事から自由になるために。

 

R2の最終局面でも、

 

シュナイゼルは人類の自由を奪うことで安全な世界を構築しようとし、

 

ルルーシュは人類が明日を自由に求められる世界を求めた。

 

言い換えると、コードギアスの世界では自由でないことが一番の罰である。

 

その象徴がC.C.。

 

一見、作中の誰よりも自由に見えて、自由に死ねないという一番の罰を受けている。

 

つまり、コードギアスでの一番の罰は自由に死ねないことであり、その罰を受けるにはコードを継承するしかない。

 

これを前提とすると、ルルーシュがコードを引き継いで生存していることが、ルルーシュにとっての罰と言える。

 

コードを引き継ぐということは以下の2つの展開が考えられる。

 

V.V.のコード継承説

V.V.のコードはシャルルと共に消えてしまったと考えのが自然だろう。

 

実際ルルーシュは、その後もギアスを使っている。

 

また、ルルーシュとC.C.がともに不老不死となってしまうと、自由に死ねないという罰を共有できる相手が出来るので、罰の価値が小さくなってしまう。

 

C.C.のコード継承説

これが一番有力で、個人的にも納得がいく。

 

単にルルーシュが罰を受けただけでなく、C.C.との「笑顔にしてやる」の約束をコードを引き継ぐという形ルルーシュが果たしたと言える。

 

この罰の辛さを知っているからこそ、教会でC.C.が泣いていたと考えられるだろ。

 

まとめ

3期は映画での話と言うことで、どれくらいゼロレクイエム周辺の話があるか分からない。

 

今回の考察した点は軽く流される可能性もあるが、やはり楽しみだ。

 

 (3期の前に1、2期を振り返るにはアマゾンビデオがオススメ

 プライム会員なら現在全話が視聴できる!)

 

 

広告を非表示にする