読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三色団子のブログ

気になったこと、気にしてること、やったことの三色でお送りします

【競馬】G1レースで1番人気を買い続けるとどうなる?3番人気を買い続けると儲けられる!

皆さん一度はこんなことを思ったことはないだろうか?

 

「競馬で1番人気を買い続ければ儲けられるんじゃないか?」

 

私自身は競馬に関してはレース名や有名な馬の名前を知っているだけで、実際に見ることは少ない。

 

そこで実際の結果を用いて、1番人気を買い続けるとどうなるか?を検証する。

 

またその検証途中で面白いことが分かったのでぜひ見て欲しい。

前提条件

全てのレースを対象にすると結果を引き出すのが大変になるので今回は最高峰レースであるG1のみを対象にした。

 

また、競馬の払い戻し額はそのレースごとに異なっている。

 

例えばあるレースで1番人気のオッズが2.2の場合、基本かけ金を100円として払い戻し額は220円となる。

 

今回の検証では毎レースに100円をかけたと仮定する。

 

1年間でG1は24レースあるので全て外れたとすると、損益額は-2400円となる

 

検証結果

それではJRAのサイトから結果を引き出し、検証する。

 

検証結果は以下の通り。

レース名 優勝馬 騎手 優勝馬単勝人気 損益額(円)
 フェブラリーS モーニン M.デムーロ 2 -100
 高松宮記念 ビッグアーサー 福永 祐一 1 290
 桜花賞 ジュエラー M.デムーロ 3 -100
 中山グランドジャンプ オジュウチョウサン 石神 深一 2 -100
 皐月賞 ディーマジェスティ 蛯名 正義 8 -100
 天皇賞(春) キタサンブラック 武 豊 2 -100
 NHKマイルC メジャーエンブレム C.ルメール 1 130
 ヴィクトリアマイル ストレイトガール 戸崎 圭太 7 -100
 オークス シンハライト 池添 謙一 1 100
 日本ダービー マカヒキ 川田 将雅 3 -100
 安田記念 ロゴタイプ 田辺 裕信 8 -100
 宝塚記念 マリアライト 蛯名 正義 8 -100
 スプリンターズS レッドファルクス M.デムーロ 3 -100
 秋華賞 ヴィブロス 福永 祐一 3 -100
 菊花賞 サトノダイヤモンド C.ルメール 1 130
 天皇賞(秋) モーリス R.ムーア 1 260
 エリザベス女王杯 クイーンズリング M.デムーロ 3 -100
 マイルチャンピオンシップ ミッキーアイル 浜中 俊 3 -100
 ジャパンC キタサンブラック 武 豊 1 280
 チャンピオンズC サウンドトゥルー 大野 拓弥 6 -100
 阪神ジュベナイルF ソウルスターリング C.ルメール 1 180
 朝日杯フューチュリティS サトノアレス 四位 洋文 6 -100
 中山大障害 オジュウチョウサン 石神 深一 1 40
 有馬記念 サトノダイヤモンド C.ルメール 1 160
      損益額合計 70

こんなかけ方をした人は菊花賞が行われる11月まで生きた心地がしなかっただろう。

 

11月以降のレースで1番人気が勝ち続けたため、最終的な損益額は70円

 

回収率にすると102.9%となる。

 

儲けられてはいるが、かなり少額な結果となった。

 

上の表を見てもらえば分かるが、1番人気が勝つ確率はもちろん1番高い。

 

ただ、1番人気となるとオッズがかなり低く勝ちの数でカバー出来ないため、この様な結果になったと考えられる。

 

1番人気を買い続けるのは微妙なことが分かったが、この表を作っている時にあることに気づいた。

 

「あれ?3番人気が結構勝ってる…」

 

3番人気となるとオッズが5~6になるため、リターンが大きい。

 

そこで3番人気を買い続けるた場合も検証してみた。

 

3番人気を買い続けてみる

検証結果は以下の通り。 

 

レース名 優勝馬 騎手 優勝馬単勝人気 損益額(円)
 フェブラリーS モーニン M.デムーロ 2 -100
 高松宮記念 ビッグアーサー 福永 祐一 1 -100
 桜花賞 ジュエラー M.デムーロ 3 400
 中山グランドジャンプ オジュウチョウサン 石神 深一 2 -100
 皐月賞 ディーマジェスティ 蛯名 正義 8 -100
 天皇賞(春) キタサンブラック 武 豊 2 -100
 NHKマイルC メジャーエンブレム C.ルメール 1 -100
 ヴィクトリアマイル ストレイトガール 戸崎 圭太 7 -100
 オークス シンハライト 池添 謙一 1 -100
 日本ダービー マカヒキ 川田 将雅 3 300
 安田記念 ロゴタイプ 田辺 裕信 8 -100
 宝塚記念 マリアライト 蛯名 正義 8 -100
 スプリンターズS レッドファルクス M.デムーロ 3 820
 秋華賞 ヴィブロス 福永 祐一 3 530
 菊花賞 サトノダイヤモンド C.ルメール 1 510
 天皇賞(秋) モーリス R.ムーア 1 -100
 エリザベス女王杯 クイーンズリング M.デムーロ 3 510
 マイルチャンピオンシップ ミッキーアイル 浜中 俊 3 490
 ジャパンC キタサンブラック 武 豊 1 -100
 チャンピオンズC サウンドトゥルー 大野 拓弥 6 -100
 阪神ジュベナイルF ソウルスターリング C.ルメール 1 -100
 朝日杯フューチュリティS サトノアレス 四位 洋文 6 -100
 中山大障害 オジュウチョウサン 石神 深一 1 -100
 有馬記念 サトノダイヤモンド C.ルメール 1 -100
      損益額合計 1860

 

日本ダービー以降怒涛の3番人気馬優勝が続き、最終的な損失額は1860円となった。

 

回収率にすると177.5%とかなり高い。

 

ただこの単年のみを見るとたまたまな可能性があるので、3年間を検証した。

 

  1番人気 3番人気
年度 損益額(円) 回収率(%) 損益額(円) 回収率(%)
2016 70 102.92 1860 177.50
2015 -300 87.50 -620 74.17
2014 -1050 56.25 1310 154.58
合計 -1280 82.22 2550 135.42

 

この表の通り、3番人気はかなり期待できる

 

つまり3番人気の馬が勝つ確率は1番人気よりわずかに低いが、オッズが高いため期待値としては高くなる、と言える。

 

まとめ

「1番人気を買い続けるとどうなるか?」という疑問から面白い結論を導けた。

 

今年の結果をみるとまだ3番人気の馬が勝っていないため、「3番人気を買い続ける理論」は外れるかもしれない。

 

ただ、3番人気の馬が優勝しなかった年はないため、今後3番人気の馬が勝つことが増えるかもしれない。

 

「3番人気を買い続ける理論」を試すなら今がチャンスともいえる。

(責任はまったく取れないが…)