三色団子のブログ

気になったこと、気にしてること、やったことの三色でお送りします

【ネタバレあり】アメコミファンの「LOGAN(ローガン)」感想&解説!

6月1日公開の「LOGAN」を見てきた!

 

f:id:TCDumplings:20170604115747j:plain

 

 

今回の記事では、ヒュージャックマン最後のウルヴァリンにふさわしい仕上がりの今作の感想と解説を1人のアメコミファンとして書く。

 

ネタバレをしてしまう箇所もあるので今後見に行く予定の人は注意して欲しいが、1人でも多くの人が劇場に足を運ぶきっかけとなれば嬉しい。

 

見る前にはこの記事を参考にして欲しい。

tcdumplings.hatenablog.com

 

 

あらすじ

時は2029年荒廃した世界ウルヴァリンことローガンはリムジン運転手として生計を立てていた。

 

傷の治りが遅くなりもはや不死身と言えないローガンは酒への依存が激しく、もはや死を意識する状態。

 

そんな彼が生きる意味は恩人であるプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアを匿うこと。

 

アルツハイマー病の発症によって力を制御出来なくなったチャールズと海に出て暮らす日を目指しながら日々奮闘するローガン。

 

そんなある日、ミュータント最後の希望である「ローラ」と出会い、嫌々ながらも保護、ノースダコタにあると言われる「エデン」を目指すことに。

 

その道中で待ち受ける数多の災難にローガンはどう立ち向かっていくのか…

 

感想

今までのMarvel映画と一線を画す「ダーク」な雰囲気

あらすじで述べた通り、今回は荒廃した近未来が舞台。

 

いきなり最初のシーンでローガンが自動車泥棒にあったことからもこの世界の荒廃ぶりが分かり、終始救いがない「ダーク」な雰囲気で進んでいく。

 

途中でローガン、チャールズ、ローラの3人を助けてくれた家族も皆殺しにあってしまう…

 

また、R13にしたことでかなりバイオレンスなシーンも多く、作品の「ダーク」な雰囲気に拍車をかけている。

 

人によって好き嫌いが分かれそうだが、ウルヴァリンの最後としては非常に良いと私は思う。

 

(個人的は今まで一番ダークだったのはアイアンマン3だと思うがそれを軽く超える)

 

 

 

アクション映画ではなく現代的なファミリードラマ

上記のようにダークな今作だが、内容はまさに現代的なファミリードラマ。

 

酒に依存し、体が弱っても働かなくてはいけない男「ローガン」。

 

アルツハイマー病を患ってしまい、介護が必要なチャールズは正にローガンにとっては「父」。

 

自分に似ているが故、上手く接することが出来ないローラは「娘」。

 

そんなローラに対して本当に娘であると感じて息を引き取ったローガンの姿に、私を含め多くの観客が泣いていた。

 

「身体的に」苦しんでいるローガンにだんだん感情移入

これまでの作品では、ジーンを自ら殺すしかなくなってしまったり、1人だけ過去に戻ったり精神的に辛い思いをしてきたウルヴァリン

 

身体的にも(特にマグニート相手に)かなり激しいダメージを受けていたが、彼の能力によって回復し、ダメージを感じさせなかった。

 

ただ「LOGAN」では、体に入っているアダマンチウムの影響で回復能力が低下していて、爪を出すだけでも痛々しい。

 

最初は今までの作品とのギャップに理解が追い付かない印象が個人的にあったが、そんな体でもチャールズのため、ローラのために戦うローガンの姿は普通に年老いていく我々と何ら変わりなく、最後には涙が流れた。

 

ローラ役のダフネキーンが可愛い

こんな娘欲しいです。

f:id:TCDumplings:20170604124431j:plain

 

解説

原案は「オールドマン・ローガン」だけじゃない!

今回の映画の原案と言われているのは以下の「オールドマン・ローガン」。

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

 

 

もちろん年老いたローガンが活躍する意味ではこの作品が原案の1つであることは間違いないが、話の展開的には「ハウス・オブ・M」付近の話も原案になっている。

 

ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)

ニューアベンジャーズ:コレクティブ (MARVEL)

 

 

 

X?MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M

X?MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M

 

 「ハウス・オブ・M」ではスカーレットウィッチの能力でミュータントが激減してしまうが、これはチャールズが今作の1年前に起こした事件(ミュータント7人死亡)と似ている。

 

また、ミュータント最後の希望「ホープ」は今作の「ローラ」に置き換えても違和感がない。

 

より「LOGAN」を楽しむには上の2冊も面白いと思う。

 

続編は…ある?

マーベル映画の特徴と言えばエンドクレジット後に次回作の布石を打つこと。

 

ローガンの助けもあり、ローラを含め施設から逃げ出した子供達は(一時的かもしれないが)逃げ切れた。

 

次回作として彼らの話があるかと思ったが、「LOGAN」ではエンドクレジット後に映像が無く、本当にウルヴァリンの旅は終わったのだと感じさせる。

 

したがって続編は無いように思ったが、監督のインタビューを見るとローラの続編はあるようだ。

 

getnews.jp

 

こんな人にオススメ出来る・出来ない

最後にこんな人にオススメ出来る・出来ないを書いて記事を締める。

出来る

・ヒュージャックマン最後のウルヴァリンが絶対見たい!

・重厚なファミリードラマ映画が見たい

・娘が居る、欲しい

出来ない

・グロテスクなのはちょって…

・アメコミ映画なので楽に見たい

・アクションシーンを楽しみたい

 

 

 

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

ウルヴァリン:オールドマン・ローガン (MARVEL)

 

 

 

ウルヴァリン:シーズンワン (ShoPro Books)

ウルヴァリン:シーズンワン (ShoPro Books)